2010年10月31日

動物に関する注意看板

手(パー)今回は単なる「よた話」です。)

coution-2010_11_01-1.jpg外出中にこんな看板を見付けました猫(足)
子猫ちゃんの写真が可愛かった事も有って
つい撮ってしまいましたが、確かにごもっともです。

(ここで「犬猫を捨てるな!」と
つらつら批判してもお互いに気分が悪い話ですし、
当たり前で埒があかない話なので割愛しますm(_ _)m)


保健所には悲しい話で恐縮ですが沢山の犬猫ちゃん達が居るようなので、
猫ちゃんを飼いたい人でブランドにこだわりが無い人なら
保健所で貰うという方法がベストではないかと(*^-^*)
可愛い猫ちゃんを無料で探せて、少しでも猫助け・人助け! 一石二鳥(^O^)

coution-2010_11_01-2.jpgあと、犬の散歩もごもっとも★

後始末もですが、リードも付けずに野放しで
飼い主さんが何も言わない人が多いらしいですね。
娘や近所の小さい子達が吠えつかれて
恐かった…と怯えています(>_<)

飼い主さんにとっては
「私の仔、世界一可愛いでしょう♪さあ見て!」でも、
子供達にとっては恐怖の大王に見えているようです(^_^;)

ワンちゃんが世界一可愛いなら、皆に愛されるワンちゃんに躾けましょう☆
私もワンちゃんも大好きなので、犬嫌いな子供が増えると悲しいですからね☆

なんて、ちょっと辛口になりましたでしょうか(^_^;)
単なる戯言でしたm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 その他ペットブログへ

ニックネーム みけとら at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) |  ├動物よた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

動物と人間に対しての接し方

動物に対して優しいのに、人間に対してキツイ人って居ますよね(=_=)
動物の気持ちは考えられるのに、どうして人間の気持ちは
考えられないのだろう…。
人間も同じ動物なのに悲しくなってしまいます。

 昔、「犬公方」と呼ばれた将軍が居た事は大抵の方は御存知だと思います。
彼の動物愛護精神は確かに素晴らしいです!
でも、彼にも虐待していた動物が1種類だけ居ます。
そう、「人間」です。

 動物を大事にし過ぎるあまり、それを美化・自己陶酔して
自分の考え方を押し付けたり、人に対して配慮・思い遣りの無い事を
言ったりしたりして「人間」を傷付けている人は居ませんか。

 私も動物は大事だし、好きです。
それと共に人間も好きなので両方大事に出来る人間になりたいと思います。

ニックネーム みけとら at 08:43| Comment(3) | TrackBack(0) |  ├動物よた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする